日産 スカイライン クーペ&クロスオーバー 仕様変更

自動車 ニューモデル 新型車
スカイライン クーペ 370GT Type SP
スカイライン クーペ 370GT Type SP 全 2 枚 拡大写真
日産自動車は、『スカイライン』の「クーペ」と「クロスオーバー」を一部仕様を変更し、11月15日から発売した。

今回の仕様変更ではスカイライン・クーペは、全車にスポーツフロントバンパー/スポーツサイドシルスポイラーを標準採用し、スポーティなホイールデザインに変更した。ボディカラーには、新色の「シャイニングブルー」や「ダークメタルグレー」を含む全7色を設定した。

また、スカイライン・クロスオーバーは、ボディカラーに新色の「セラミックブルー」や「ダークメタルグレー」、「フランボワーズレッド」を採用し、全6色の設定とした。

価格は、クーペの「370GT Type SP」が501万9000円、クロスオーバー2WDモデルの「370GT Type P」が472万5000円。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産 スカイライン 新型
  • 日産スカイライン
  • 日産本社グローバルギャラリー「ヘリテージゾーン」
  • 日産 スカイライン クーペ新型 予想CG
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2010/11/15/148023.html/article/2010/11/15/148022.html/article/2010/11/15/148024.html