日産 スカイライン クーペ&クロスオーバー 仕様変更

自動車 ニューモデル 新型車
スカイライン クーペ 370GT Type SP
スカイライン クーペ 370GT Type SP 全 2 枚 拡大写真
日産自動車は、『スカイライン』の「クーペ」と「クロスオーバー」を一部仕様を変更し、11月15日から発売した。

今回の仕様変更ではスカイライン・クーペは、全車にスポーツフロントバンパー/スポーツサイドシルスポイラーを標準採用し、スポーティなホイールデザインに変更した。ボディカラーには、新色の「シャイニングブルー」や「ダークメタルグレー」を含む全7色を設定した。

また、スカイライン・クロスオーバーは、ボディカラーに新色の「セラミックブルー」や「ダークメタルグレー」、「フランボワーズレッド」を採用し、全6色の設定とした。

価格は、クーペの「370GT Type SP」が501万9000円、クロスオーバー2WDモデルの「370GT Type P」が472万5000円。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • インフィニティ Q50 の2021年モデル
  • 名車インクコレクション
  • 日産 スカイライン 400R(スレートグレー)
  • 新型スカイラインと高度運転支援ECU(写真左下)/高精度地図ユニット(右下)
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV