取説をiPad化して装備…ヒュンダイ エクウス 新型[動画]

自動車 テクノロジー Apple
iPad取扱説明書
iPad取扱説明書 全 6 枚 拡大写真
ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカが米国で発売した最上級セダン、『エクウス』。そのオーナーズマニュアルとして、専用の『iPad』が付属している。

新型エクウスは、レクサス『LS』やメルセデスベンツ『Sクラス』をライバルに想定する同社のフラッグシップサルーン。米国ベース価格は、5万8000ドル(約490万円)というコストパフォーマンスの高さが売りだ。

もうひとつのエクウスの売りが、オーナーズマニュアルのiPad化というわけ。このiPadは、容量16GBでWi-Fi対応。専用レザーケースに収められ、顧客の元に届けられる。

アダプティブヘッドライトや後席のパワー調整、レーン逸脱警報など、新型エクウスの装備をiPadで分かりやすく説明。今後の高級車の新たなサービスとして注目できる映像は、動画共有サイト経由で見ることができる(2011年8月12月現在非公開)。


《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 九州新幹線の乗務員には、車掌へスマートフォン(iPhone 8 plus)が、運転士へタブレット端末(iPad)が導入され、10月から使用を開始する。
  • アップル「iPad」を2個セットした「SUBARU STARLINK ENTERTAINMENT ANYWHERE KIT」
  • ポルシェ インディビジュアリティー
  • 全乗務員へスマートフォンやタブレット端末の導入を決め、一気にIT化が進むJR九州。写真は特急『かもめ』『ソニック』で運用されている885系特急型電車。
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ