VWの中国でEV専用ブランド立ち上げか

自動車 ビジネス 海外マーケット
VW ボーラ(中国仕様)
VW ボーラ(中国仕様) 全 6 枚 拡大写真
中国新車市場でトップシェアを誇るフォルクスワーゲン。同社が、中国で計画している新ブランドのネーミングがスクープされた。

これは9日、自動車メディアの『CHINA CAR TIMES』が報じたもの。同メディアによると、フォルクスワーゲンが中国で立ち上げる新ブランドの名前は、『Kai Li』になるという。これは中国政府の内部文書からのリーク情報とのことだ。

またKai Liは、フォルクスワーゲンの現地合弁パートナー、第一汽車と共同設立。ブランド名以上に注目すべきは、その車種体系かもしれない。

同メディアによると、Kai Liは中国初のEV専用ブランドで、中国政府のEV普及計画に沿う形で立ち上げることになるという。

Kai Liの市販第1号車の登場時期は不明だが、同メディアは「『ボーラ』か『ゴルフ』をベースにしたモデルが、Kai Liの最初の市販車になる」と伝えている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • セアト クプラ「エルボーン EV」プロトタイプ(スクープ写真)
  • フォルクスワーゲン ID.4
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ