三菱ふそう ファイター や エアロミディなど車両火災

自動車 ビジネス 国内マーケット
改善箇所説明図
改善箇所説明図 全 1 枚 拡大写真
三菱ふそうトラック・バスは31日、中型トラック『ファイター』およびバス『エアロミディ』『エアロバス』3車種の原動機に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、1998年8月3日~04年12月21日に製作された5451台。

インジェクタ内部が粗悪燃料の使用などによって異常摩耗すると、燃料噴射量が増大し、ピストンに穴が開いて燃焼ガスがクランクケース内に漏れて内圧が上昇。ロッカーカバーからエンジンオイルが噴出し、車両火災に至るおそれがある。

全車両、ブリーザーを増設した対策品のロッカーカバーに交換するとともに、ロッカーカバーガスケットを対策品に交換する。

不具合発生件数は11件で、市場からの情報で発見した。火災事故が5件、部分焼損が6件起きている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ86(2016年)
  • トヨタ・プロボックス(参考画像)
  • トヨタ・カローラフィールダー
  • ホンダ モンキー125
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ(参考画像)
  • テスラ モデルS Plaid 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2011/05/31/157185.html/article/2011/05/31/157184.html/article/2011/05/31/157186.html