ボルボ V50シリーズ に最廉価グレード…279万円から

自動車 ニューモデル 新型車
ボルボV50Tack
ボルボV50Tack 全 1 枚 拡大写真
ボルボ・カーズ・ジャパンは、ボルボ『V50』シリーズに、最廉価となる279万円のモデル「Tack」と、装備を充実しながら価格アップを抑えた「2.0クラシック」を設定し、7月29日から発売した。

V50 Tackは、シンプルな内外装ながら上級モデルにひけをとらない安全性能を備え、価格を279万円に抑えたモデル。

V50 2.0 クラシックは、本革シートや運転席/助手席8ウェイパワーシート、フロントシートヒーター、サンルーフ、17インチアルミホイールなどを装備しながら価格を339万円に抑えた。このほか、最上級モデルの「V50 2.5T」にも充実装備の「クラシック」を設定している。

同時に、セダンモデル『S40』シリーズにも、Tackを269万円、2.0クラシックを329万円で導入する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボルボ V50 2.0 Rデザイン
  • ボルボ V50 Speciell
  • 改善箇所説明図
  • V50 2.0e SPORTS PLUS
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ