【ロールスロイス ゴーストEWB 日本発表】一切の妥協を排す

自動車 ニューモデル 新型車
ゴースト・エクステンディットホイールベース日本発表会のようす
ゴースト・エクステンディットホイールベース日本発表会のようす 全 12 枚 拡大写真
ロールスロイスは9月30日、『ゴースト』のインテリアスペースを拡充した最新モデル『ゴースト・エクステンディットホイールベース(EWB)』を日本で初めて公開した。

ゴースト・エクステンディットホイールベースは、同社が英国のグッドウッドで生産を開始した2003年以降、6つめのモデルとなる。

ゴーストのインテリアスペースを拡充し、後部座席に長さ方向に170mmのスペースが追加。ニールームはスタンダードのゴーストが160mmであるところ、ゴースト・エクステンディットホイールベースは330mmと2倍になった。

パノラマサンルーフを標準装備する同車。日本市場向けには左右独立可動式リアシート、シアターコンフィギュレーションも標準装備となる。

ロールスロイス、アジア・パシフィック担当リージョナルディレクターのポール・ハリス氏は「ゴースト・エクステンディットホイールベースは一切の妥協を排除したモデルです。ゴーストの性能やダイナミックな走りは維持しつつ、リアキャビンの高級感と高い居住性を両立させました」と述べた。

ゴースト・エクステンディットホイールベースの価格は税込み3495万円。

《土屋篤司》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ