三菱益子社長、ジョブズ氏死去「混乱に際してのメッセージを是非聞きたかった」

自動車 ビジネス
三菱自動車・益子修社長
三菱自動車・益子修社長 全 2 枚 拡大写真
三菱自動車の益子修社長は6日本社で開いた新車発表会で、米アップルの共同創業者で、前CEOのスティーブ・ジョブズ氏の死去について触れ「世界で大きな変革が起きている時に、どのようなメッセージをするのか是非聞きたかった」との思いを語った。

益子社長は、ジョブズ氏の死去を同じ経営者としてどのように受け止めているかとの質問に対し「ECが誕生して、こんなに厳しい目に合うとは恐らく誰も想像してなかったと思う。これからEUの将来も含めて世界で非常に大きな変革とか変化が起こっていく時に、ある意味では変化の先頭に立ってきた、あるいは革新の先頭に立ってきた方が亡くなられるのは非常に惜しい」と述べた。

その上で「こういう方がこの混乱期にどのようなメッセージを出されていくのか是非お聞きしたかったと思っております」とカリスマ経営者の死を悼んだ。

《小松哲也》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 左から三菱自動車岡崎製作の斉藤稔所長、蒲郡市の鈴木寿明市長、西日本三菱自動車販売の五十嵐京矢社長
  • 三菱アウトランダースポーツ(RVRに相当)(北米仕様)
  • 三菱アウトランダーPHEV
  • (イメージ)
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ