ホンダ、タイ洪水被害で四輪生産を休止

自動車 ビジネス 企業動向
ホンダのタイ工場で生産する「ブリオ」(バンコクモーターショー11)
ホンダのタイ工場で生産する「ブリオ」(バンコクモーターショー11) 全 4 枚 拡大写真
タイ北中部で発生している洪水被害によりホンダの四輪生産拠点が生産休止となっている。同社は、洪水により生産を休止している取引先からの部品供給停止や同社生産拠点への浸水被害による生産影響について、10月10日までの状況を公表した。

四輪生産拠点のホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッドでは、部品供給停止の影響により、10月4日から8日までの生産活動を休止。また、8日には工場敷地内への浸水が確認され、同拠点のある工業団地からの退避命令が出されたことから、施設への立ち入りが困難となったため、10日以降も生産を休止する予定。

二輪・汎用生産拠点のタイホンダマニュファクチュアリングカンパニー・リミテッドでは、部品供給停止の影響により、汎用製品の生産ラインにおいて、10月6日から8日までの生産活動を休止した。部品供給再開の見通しが立たないため、10日以降も生産を休止する予定。なお、施設への洪水被害は確認されておらず、また、二輪製品の生産ラインでは、計画通り生産活動を継続している。

今後の操業については、状況を見ながら決定していくとしている。

《》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ純正アルミ新シリーズ
  • ウェブセミナー「安全な自動運転レベル3実現へ向けた開発最前線からのアップデート」
  • お取り寄せ車両
  • ホンダ フォルツァ
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ