カップホルダーからこぼれてダンプが誤作動…ダイハツ ハイゼット

自動車 ビジネス 国内マーケット
改善箇所説明図
改善箇所説明図 全 1 枚 拡大写真
ダイハツ工業は26日、軽貨物『ハイゼット』ダンプ仕様車のダンプスイッチに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2005年1月13日~11年8月10日に製作された1万4034台。

ダンプスイッチの構造が不適切なため、上部に設置したカップホルダーからこぼれた飲料水等がスイッチの接点部に進入し、電源回路が短絡してダンプが誤作動するおそれがある。

全車両、ダンプスイッチを対策品に交換するとともに、カップホルダー取付部に止水スポンジを設定する。

不具合発生件数は9件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スズキ アドレス125(2019年)
  • プジョー5008
  • ヤマハ YZF-R25(2018年)
  • BMW 2シリーズ
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ