ホンダ フィット など21車種、手動運転補助装置が利かなくなる

自動車 ビジネス 国内マーケット
ホンダ フィット テックマチック装着車
ホンダ フィット テックマチック装着車 全 1 枚 拡大写真
本田技研工業は24日、『フィット』『ゼスト』など計21車種の手動運転補助装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、1997年2月13日~2010年12月22日に製作された940台。

手動運転補助装置(ホンダテックマチック)装着車両で、ブレーキリンク機構の軸受け部の構造が不適切なため、軸受け部に過度な応力がかかり、軸受け部の締結ボルトに亀裂が生じてボルトが折損し、ブレーキが利かなくなるおそれがある。

全車両、ブレーキリンク機構の締結ボルトと軸受けカラーを対策品と交換する。

不具合発生件数は2件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • プジョー5008
  • ヤマハ YZF-R25(2018年)
  • BMW 2シリーズ
  • 改善箇所
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ