【東京モーターショー11】ホンダ、二輪でニューミッドコンセプト出展

自動車 ニューモデル モーターショー
NC700S
NC700S 全 8 枚 拡大写真
ホンダが東京モーターショー11に出展する二輪車の「ニューミッドコンセプト」は、低・中速域の力強いトルク特性と低燃費を両立した、水冷4ストローク直列2気筒700ccエンジンを搭載する。

270度クランクによるバイクらしい鼓動感も特徴。これを共通の鋼管製フレームに搭載しながらも、3つの異なる個性を確立した。

『NC700S』

シンプルなスタイリングのネイキッド・ロードスポーツモデル。軽快で素直なハンドリングや良好な足着き性などにより、扱いやすく安心感のある走行を実現。トランスミッションは、DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)と6速マニュアルミッションの2タイプを設定。

『NC700X』

都市でもアウトドアでも映える、躍動感にあふれるスタイリング。快適性の高いアップライトなポジションは、日常使用からロングツーリングまで幅広い機動性を持つ。DCTと6速マニュアルミッションの2タイプを設定。

『INTEGRA』

モーターサイクルの走りの楽しさと、スクーターの快適性を融合した新しいスタイリングを採用。DCTを搭載したイージーな操作性が快適な走行を生む。

《関谷守正》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV