【ボローニャモーターショー11】アバルト プント に「スコーピオン」…最大出力180ps

自動車 ニューモデル モーターショー
アバルト・プント・スコーピオン
アバルト・プント・スコーピオン 全 2 枚 拡大写真
フィアットの高性能車部門、アバルトは21日、イタリアで12月3日に開幕するボローニャモーターショー11において、アバルト『プント スコーピオン』を初公開すると発表した。

同車は、アバルト『プント』をベースに、さらなる高性能化を図ったモデル。心臓部には、2011年9月のフランンクフルトモーターショー11でデビューを飾った『プント スーパースポーツ』と同じエンジンが収まる。

このユニットは、1.4リットル直列4気筒ガソリン「マルチエア」のターボ版。最大出力180ps/5750rpm、最大トルク27.5kgm/2500rpmを引き出し、0-100km/h加速7.5秒、最高速216km/hの性能をマークする。

外観は、ボディカラーを専用のマットブラックで塗装。リアはセンターエグゾーストで引き締められた。スポーツサスペンションやスポーツシート、アルミペダルも奢られた。

このプント スコーピオン、限定99台のみを生産。価格に関して、現時点では公表されていない。

《森脇稔》

【画像】【ボローニャモーターショー11】アバルト プント に「スコーピオン」…最大出力180ps(2枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  2. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  3. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  4. スバル、群馬製作所の操業停止を再度延長---9月22日まで
  5. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  6. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  7. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  8. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
  9. 道の駅かさま、キャンピングカー車中泊スペースにタイムズの予約制駐車場を導入
  10. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
ランキングをもっと見る