アストンマーチン、大阪八光ショールームがリニューアル

自動車 ビジネス 国内マーケット
アストンマーチン大阪八光(大阪市浪速区)が17日にリニューアルオープンした
アストンマーチン大阪八光(大阪市浪速区)が17日にリニューアルオープンした 全 20 枚 拡大写真
関西地区を中心に輸入車販売を手掛ける八光カーグループは17日、アストンマーチン車の販売店「アストンマーチン大阪八光」ショールーム(大阪市浪速区)をリニューアルオープンした。

これまでアストンマーチン大阪八光ショールームは、大阪市西区心斎橋に位置していた。周辺は目抜き通りである御堂筋に近く立地としては好条件だったが、サービス工場を併設していなかった。今回、利便性の向上、効率化を図るためショールームとサービス工場を統合することを目的にリニューアルを決定、17日にオープンを迎えた。同日、旧ショールームは新たにイタリアン高級車ブランド・マセラティのショールームとしてリニューアルしている。

新ショールームはアストンマーチンCIを徹底。ホワイトとシルバーを基調とした明るく高級感のある空間を実現した。サービス工場は14基のリフトを設置する大規模なもの。なにわ筋の大通りに面しているほか、阪神高速道湊町ランプにも程近く、JR難波駅からも徒歩数分と交通の便が良いことも大きな特徴だ。

八光カーグループの池田淳八社長は、「この商売は立地条件と間口が勝負。60mもの間口(なにわ筋に面する建物の幅)を持つショールームは大阪でも他にはない」と同店を紹介。さらに「最近ここ大阪でもアストンマーチンを随分見かけるようになった。今後もお客様に最高の満足度を提供しながら、ブランドが広まって行くよう務めたい」と締めくくった。

この日開催されたオープン記念イベントでは、日本初公開となる限定車『V12ザガート』と、大阪初公開の高級シティコミューター『シグネット』のほか、『V8ヴァンテージS』、『ヴィラージュ』が展示された。

《宮崎壮人》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ