アウディ A3 新型、独CeBITで公開へ

自動車 ビジネス 企業動向
次期アウディA3のインテリア
次期アウディA3のインテリア 全 2 枚 拡大写真
アウディAGは、独ハノーバーで開催されるIT見本市「CeBIT(セビット)」に初出展すると発表した。同社は「アウディコネクト」をスローガンに、次世代のアウディ『A3』を紹介する。

新型A3は、最新世代のインフォテインメントシステムを搭載。開発期間を短縮しながら新しいハードウェアやソフトウェアコンポーネントを車両に搭載できる「モジュラーインフォテインメントプラットフォーム」(MIB)を採用した。

MIBのハイライトとなる機能は、ロータリープッシュボタンコントローラーで、アウディは同機能を活用し、シンプルで直感的な操作とディスプレイ表現を追求した。

なお、アウディのアクセル・ストロットベック財務&組織担当取締役が、3月8日に開催される関連イベント「オートモーティブデイ」で、アウディのインフォテインメントとIT戦略について講演する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディ S3セダン 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3スポーツバック 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A3 セダン 新型
  • アウディA1(2011年)
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ