自動車部品のカルテル摘発続発に「答えることはできない」…部工会玉村会長

自動車 ビジネス 企業動向
日本自動車部品工業会の会見
日本自動車部品工業会の会見 全 2 枚 拡大写真
日本自動車部品工業会の新会長に就任した玉村和己氏(日本発条社長)は5月24日、会長会見で自動車部品メーカーのカルテルの摘発が相次いでいることについて「どうして起こったか、答えることはできない」と述べた。

日米欧の先進国市場で、当局がワイヤーハーネスやベアリング、ランプなど、自動車部品のカルテルの摘発が相次いでいる。

玉村会長は、自動車部品メーカーのカルテルについての感想を聞かれ「厳しい質問。これは日本の自動車産業や部品工業会などで無く、あくまでも個々の企業の問題」と苦い顔。

その上で「部工会の会長ではあるが、自分の会社で考えると、どうして起こっているのか、(当局の姿勢が)今まで何が違うのか、私は当事者で無いので答えることはできない」とコメントできないとの姿勢を示した。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日本自動車工業会の豊田章男会長
  • 自動車工業4団体トップによる合同会見(ネット中継)
  • 北京地下鉄(2月19日)
  • 自動車工業団体の賀詞交歓会で挨拶する自工会の 神子柴副会長
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ