マツダ ベリーサ 一部改良、内外装に新色設定

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ ベリーサ(ドルフィングレーマイカ)
マツダ ベリーサ(ドルフィングレーマイカ) 全 4 枚 拡大写真
マツダは、コンパクトカー『ベリーサ』を一部改良し、28日より発売を開始した。

今回の一部改良では、ボディカラーに上品な新色の「ドルフィングレーマイカ」を追加し、全7色とした。「C」のシート座面色はこれまでのライラックグレーに代わり、落ち着いた雰囲気の「テーラードブラック」を設定し、メーターフードやグローブボックスリッドなども黒基調に変更することで、プレミアム感をより高めた内外装となっている。

加えて、前席と後席外側のヘッドレストをそれぞれ大型化し、形状を変更するとともに、リア中央座席にヘッドレストおよび3点式シートベルトを設定。安全装備を充実させている。

価格は155万円から186万4000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ