クライスラー グランドボイジャー、エアバッグ誤作動のおそれ

自動車 ビジネス 国内マーケット
クライスラー・タウン&カントリー(日本名:グランドボイジャー)
クライスラー・タウン&カントリー(日本名:グランドボイジャー) 全 2 枚 拡大写真
クライスラー日本は28日、『グランドボイジャー』のエアバッグ制御ユニットに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2008年2月1日~同年9月25日に輸入された375台。

エアコンシステムの排水ダクトから漏れた水によりエアバッグ制御ユニットが浸水し、内部ショートが起きてエアバッグ警告が点灯、エアバッグが誤作動するおそれがある。

全車両、新しいエアバッグ制御ユニットに交換する。

不具合発生はなく、本国からの情報でわかった。事故は起きていない。

なお、本件は2011年3月18日にリコール届出した際の対策が不十分だったため、対策作業を追加する届け出を行ったもの。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • クライスラー・ボイジャー
  • クライスラー・グランドボイジャー
  • クライスラー 次世代ミニバン スクープ写真
  • ランチア ボイジャー
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ