【リコール】三菱ふそう エアロクィーンほか…テレビモニターが脱落するおそれ

自動車 ビジネス 国内マーケット
改善箇所
改善箇所 全 1 枚 拡大写真
三菱ふそうトラック・バスは7月26日、大型バス『ふそうエアロエース』『ふそうエアロクィーン』およびニッサンディーゼルブランドバスの計3車種の室内中央部テレビモニターカバーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2007年9月4日~2010年6月17日に製作された273台。

車両中央部の天井に設置されたテレビモニターカバーの固定方法が不適切なため、走行中の振動が加わるとテレビモニターカバーが脱落するおそれがある。

全車両、テレビモニターカバーを保持しているロックファスナークリップ穴の塗装を除去し、クリップ側のロックファスナーを新品に交換して接着剤で取付金具に固定する。

不具合発生件数は4件で、市場からの情報で発見した。打撲事故が1件起きている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日野デュトロ
  • トヨタ ダイナ(2019年)
  • 日産セレナ(C26)
  • アウディ TT クーペ (2018年)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ