トヨタ自動車九州、燃料電池バスを実証走行

エコカー EV
トヨタ自動車九州、燃料電池バスの実証走行
トヨタ自動車九州、燃料電池バスの実証走行 全 2 枚 拡大写真
トヨタ自動車九州は、トヨタ自動車や協力企業と連携して、環境にやさしい「燃料電池バス」の実証走行を実施している。

この取り組みは、二酸化炭素(CO2)の削減効果や事業性などを検証するとともに、地域づくりの視点に立った様々な活動を実施するのが目的。

9月28日から約3週間、通勤用や高速道路で燃料電池バスを走行させる。

10月20日、21日には一般モニター20人を乗せて福岡~北九州間の高速道路を実証走行する予定。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 見えてきた世界の燃料電池戦略、BEVとFCVの課題と展望…トヨタ自動車 ZEVファクトリー 主幹 手嶋剛氏[インタビュー]
  • 小型燃料電池バスのイメージ
  • ダイムラートラックの燃料電池の量産に向けた準備
  • ホンダとGMの燃料電池合弁会社が入るGMの米ミシガン州のバッテリーパック生産工場
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ