ホンダの新興国向けコンパクトカー、ブリオ …セダン追加が確定

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ ブリオ セダン
ホンダ ブリオ セダン 全 1 枚 拡大写真
ホンダの新興国向けコンパクトカー、『ブリオ』。5ドアハッチバックだけの同車に、4ドアセダンが加わることが確定した。

これは、ホンダがタイの公式サイトで明らかにしているもの。『ブリオセダン』のリアスタイルが、ティーザー写真として公開されたのだ。

ブリオは2011年3月、バンコクモーターショー11で発表。タイやインドなど、アジア向けのエントリーカーとして新開発された戦略モデルだ。タイ現地ベース価格は、日本円で約100万円ということもあり、人気は高い。

ブリオセダンに関して、現時点で公表されているのは、ハッチバックと同じ1.2リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載するということ。最大出力は88ps、最大トルクは11.1kgmを発生する。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新型ブリオRS
  • GIIAS2018で登場した第二世代「ブリオ」。今秋よりインドネシア国内で発売される予定
  • 第二世代の新型「ブリオ」の発表後、記念写真を撮る関係者
  • ホンダ シティ
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ