インフィニティ、新ネーミング戦略を発表…キーワードは「Q」

自動車 ビジネス 企業動向
現行インフィニティG37(日産スカイライン・参考画像)
現行インフィニティG37(日産スカイライン・参考画像) 全 2 枚 拡大写真
インフィニティは12月18日、2014年モデル以降の全商品ラインアップに適用する新ネーミング戦略の詳細を発表した。

2013年1月に開催される北米国際自動車ショー(デトロイトショー)に出展される新しいプレミアムスポーツセダン『Q50』が、インフィニティの新しいQバッジをつける最初のモデルとなる。

インフィニティのモデル名は、セダンとコンバーチブルには「Q」、クロスオーバーとSUVモデルには「QX」が頭につけられ、続くグレードを表す2ケタの数字とともに各モデルを表す。

インフィニティを統括するヨハン・ダ・ネイシン氏は、今回の新ネーミング戦略について「『Q』は次世代インフィニティモデルのインスピレーションを付与するだけでなく、1989年にリリースした最初のフラッグシップモデル『Q45』を想起させ、そのパフォーマンスの歴史を際立たせることができる」と語った。

インフィニティの新ネーミング戦略は、来年のイヤーモデルが発表されると同時に既存モデルにも適用。今後の計画では、発表当初から「Q」と「QX」バッジが付く次世代インフィニティモデルのラインアップを投入していくことが予定されている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • インフィニティ Q50 の2021年モデル
  • インフィニティの主要ラインナップ
  • インフィニティグローバルデザイン担当シニア・デザイン・ダイレクターの中村泰介氏
  • インフィニティQX60モノグラフ
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

ピックアップ

Response.TV