JTB首都圏、在住外国人向け国内旅行パッケージを発売…世界遺産を中心に周遊

鉄道 エンタメ・イベント
JTB首都圏の高品質旅行専門店のJTBロイヤルロード銀座は、日本在住の外国人向け国内旅行パッケージツアー「JAPAN」を2月7日から発売する。

今回のツアーは、日本に200万人以上在住する外国人を対象に企画したツアー。訪日外国人を対象としたツアーでは、箱根や富士山を観光しながら東京、大阪間を移動するルートが主流だが、日本在住の外国人はこのルートを旅行していることも多い。このため、世界遺産を中心に代表的な観光地を周遊し、より深く日本の魅力を感じてもらえる企画を目指した。

海外からの知人友人と一緒に旅行する際や、企業が海外からの顧客を招待する場合にも利用できるよう、移動手段や宿泊施設にも配慮し、高品質な内容とした。

海外ではめずらしい流氷と世界遺産の知床を観光し、冬の北海道を体感できるコースや、石見銀山と出雲大社を巡り歴史を感じられるコースなど、全てに世界遺産を含む5コースを企画した。日本独特の四季に合わせてコースを設定し、2泊3日の日程で周遊する。

往復の移動手段にグリーン車を利用し、観光中は専用車を用意する。宿泊は日本旅館やホテルを利用する。観光中は専用の通訳案内士が案内し、英語だけでなく中国語やスペイン語などにも対応する。

出発日が合わない場合や、他に訪れたい観光地がある場合は、パンフレット掲載コース以外にもオーダーメイドで柔軟に対応する。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ