国交省 新ホームドアの現地試験実施へ

鉄道 行政
国交省 新ホームドアの現地試験実施へ
国交省 新ホームドアの現地試験実施へ 全 2 枚 拡大写真
国土交通省は5日、電車の停止位置がずれた場合やコスト低減などの課題に対応した、新たなホームドアの現地試験を実施すると発表した。

ホームドアの設置促進を図るため、補助金で開発を支援しているもので、現在開発中の「戸袋移動型ホームドア」、「昇降ロープ式ホームドア」、「昇降バー式ホームドア」の3タイプについて、実際の駅に設置して試験を行う。

戸袋移動型は、神戸製鋼所が開発。車両の停止位置がかなりずれた場合でも戸袋が移動することにより対応可能なホームドアで、西武新宿線新所沢駅で6月頃試験を開始する。

昇降ロープ式は、日本信号が、昇降バー式は高見沢サイバネティックスがそれぞれ開発したもので、従来のホームドア部分を昇降するバーやロープとすることで軽量化し、設置コストを低減する。ロープ式は東急田園都市線つきみ野駅で7月頃から、バー式は相鉄いずみ野線弥生台駅で10月頃から試験を開始する。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ