JR西日本、株主優待制度の拡充を発表…一定条件により優待割引券を追加

鉄道 企業動向
JR西日本「こだま」
JR西日本「こだま」 全 4 枚 拡大写真
JR西日本は、自社株式に対する投資の魅力をより高め、保有株式数の増加・長期保有を目指し、株主優待制度を拡充していくと発表した。

株主優待制度の拡充は、現行の株主優待(鉄道優待・グループ優待)に加え、株式を3単元(300株)以上保有し、かつ1単元でも継続して3年以上保有している株主が対象。300~499株保有で1枚、500~999株保有で2枚、1000株以上保有で3枚の「鉄道優待割引券」が追加で送付される。

追加送付となる「鉄道優待割引券」は、現行と同様で、1枚の使用につき運賃・料金が50%割引となる。3月31日現在の株主から実施し、優待割引券の発行時期は5月下旬を予定している。

《日下部みずき》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ