【ニューヨークモーターショー13】ヒュンダイの頂点、エクウス…2014年モデルに進化

自動車 ニューモデル モーターショー
ヒュンダイ エクウスの2014年モデル
ヒュンダイ エクウスの2014年モデル 全 9 枚 拡大写真
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は3月27日、米国で開幕したニューヨークモーターショー13において、米国向け『エクウス』の2014年モデルを初公開した。

現行エクウスは2009年2月、韓国でデビュー。1999年に登場した初代モデルは、三菱自動車と共同開発され、三菱版は『プラウディア』を名乗っていた。公用車としての需要が中心だった初代から一転、ヒュンダイは2代目エクウスを、グローバルな高級ドライバーズサルーンに位置付け。北米市場などにも投入されて、成功を収めている。

今回、ニューヨークモーターショー13で発表されたエクウスの2014年モデルは、地元韓国で1月に発表された大幅改良モデルに準じる。外観はフロントグリルやバンパー、ヘッドランプ&テールランプ、アルミホイールなどのデザインを変更。

ボディサイズは、全長5160×全幅1890×全高1490mm。レクサス『LS460』(全長5090×全幅1875×全高1455mm)を上回り、メルセデスベンツ『S550ロング』(全長5260mm)に迫る。ヒュンダイの最上級サルーンにふさわしい堂々の大きさだ。

インテリアは、ダッシュボードのデザインを一新。メカニズム面では、サスペンションを再チューニングし、乗り心地やハンドリング性能を引き上げた。

米国向けの2014年モデルは、直噴5.0リットルV型8気筒ガソリンの1機種のみを搭載。最大出力は429ps、最大トルクは52kgmを引き出す。トランスミッションは、8速ATを組み合わせる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ