ブリヂストン第1四半期決算、北米向け好調で増収増益

自動車 ビジネス 企業動向
ブリヂストン ECOPIA EP150(参考画像)
ブリヂストン ECOPIA EP150(参考画像) 全 2 枚 拡大写真
ブリヂストンが5月8日発表した第1四半期(2013年1~3月期)の連結決算は、売上高が前年同期比9.4%増の7945億8300万円、営業利益が同18.1%増の744億5100万円で、増収増益となった。

タイヤ部門は、国内や欧州で新車用が減少した影響で販売が伸び悩んだものの、北米やアジアが好調だった。

経常利益は同13.6%増の701億4900万円、純利益は同2.2%増の431億1100万円となった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブリヂストンイノベーションギャラリー
  • VWゴルフ新型、ブリヂストンTURANZA ECOを新車装着
  • ブリヂストンの石橋秀一CEO、右は東正浩COO
  • ゴム製品業界 他社牽制力ランキング
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ