西鉄3月期決算、運輸業の営業利益が大幅増益

鉄道 企業動向
西日本鉄道が発表した2013年3月期の連結決算は、経常利益が前年同期比19.3%増の161億8900万円と増益となった。

売上高は同3.3%増の3383億8700万円と増収となった。運輸業は同0.4%減と微減だったものの、不動産業、流通業、レジャー・サービス業が好調だった。

運輸業の旅客人員は鉄道事業が同0.2%減、バス事業が同0.2%減だった。

収益では、原価償却費や人件費の減少で運輸業が大幅増益となったことなどから、営業利益は同17.3%増の175億8400万円と増益だった。純利益は同70.4%増の91億9400万円と大幅増益だった。

今期の通期業績見通しは売上高が同2.3%増の3462億円となる見込み。営業利益は同3.3%減の170億円、経常利益が同4.3%減の155億円、純利益が同2.1%減の90億円となる見通し。

《レスポンス編集部》

ピックアップ