メルセデスSLS AMG、波乱のニュル24時間耐久を制す

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
第41回ニュルブルクリンク24時間耐久レースを制しメルセデスベンツSLS AMG GT GT3
第41回ニュルブルクリンク24時間耐久レースを制しメルセデスベンツSLS AMG GT GT3 全 1 枚 拡大写真
5月20日(現地時間)、ドイツで決勝レースを迎えた第41回ニュルブルクリンク24時間耐久レース。激戦を制したのは、メルセデスベンツ『SLS AMG GT GT3』だった。

今年で41回目と、長い歴史を誇るニュルブルクリンク24時間耐久レース。メルセデスベンツチームにとって、同レースでの総合優勝は初めて。

今年のニュルブルクリンク24時間耐久レースは、大波乱の展開。レース開始から6時間後の夜、雨天と霧により9時間30分に渡ってレースが中断。翌朝になってレースは再開し、着実に順位を上げたメルセデスベンツSLS AMG GT GT3の9号車、ブラックファルコンレーシングのベルント・シュナイダー/ジェローム・ブリークモレン/シーン・エドワーズ/ニッキ・ティーム選手組が、レースを制した。

中断のため、今年のニュルブルクリンク24時間耐久レースは、14時間30分、88周でチェッカーフラッグが振られた。これは、同レースの歴史で最も短いもの。

DTM(ドイツツーリングカー選手権)でお馴染みのベルント・シュナイダー選手は、「夢がかなったよ。現役中に、どうしても勝ちたかったレース、ほぼ全てを制することができた」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ル・マン24時間レース、3連覇を狙うトヨタガズーレーシング
  • 今年2月、ニュルブルクリンク24時間レース参戦に向けてSTI陣営が実施した「シェイクダウン」の模様(場所は富士スピードウェイ)。
  • 近藤真彦率いるKONDOレーシングはニュル24時間に「3年計画」で参戦中(写真は2018年10月、計画発表時)。
  • FALKEN Porsche 911 GT3R
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ