【リコール】ホンダ N BOX…走行不能となるおそれ 38.5万台

自動車 テクノロジー 安全
改善箇所
改善箇所 全 3 枚 拡大写真
本田技研工業は6月13日、『N BOX』など計5車種のドライブプーリシャフトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2011年12月2日~2013年5月9日の間に製作された38万4614台。

変速レバーを前進または後退位置に操作後、素早いアクセル操作を行うと、無段変速機のドライブプーリシャフトに高い負荷が加わり、シャフトが折れて、走行不能となるおそれがある。

ドライブプーリシャフトへの負荷が基準値以内の場合は、油圧制御プログラムを書き換え、基準値以外の場合は無段変速機を新品と交換し、同プログラムを書き換える。

不具合発生件数は3件で、市場からの情報で発見した。

事故は起きていない。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ純正アルミ新シリーズ
  • ホンダN-BOX
  • ホンダ N-BOX、N-BOXカスタム
  • 今や国民車となった軽スーパーハイとワゴン5車種を比較。写真は左からスペーシアギア、ルークスハイウェイスター、eKクロススペース、N-BOXカスタム、タントカスタム
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ