【日産 デイズ 発売】1か月で受注3万台達成、同社軽では過去最速

自動車 ニューモデル 新型車
日産 デイズ ハイウェイスター
日産 デイズ ハイウェイスター 全 2 枚 拡大写真
日産自動車は、6月6日に発売した日産『デイズ』が、発売後1か月を経過した7月8日時点で、受注台数が目標の4倍となる3万台に達したと発表した。

デイズの受注状況は、10年以上にわたる日産の軽自動車史上、ナンバーワンの受注ペースで、同車の販売は順調に推移している。

デイズは、三菱自動車と共同開発した軽ワゴン車。三菱自動車からリリースされた『eK』シリーズも受注台数が1万8000台に達するなど、好調な滑り出しを見せている。

デイズのグレード別受注内訳は、1位が「ハイウェイスターX」(27%)、2位が「X」(25%)、3位が「ハイウェイスターG」(24%)の順。また、ボディカラー別では、「プレミアムパープル」(25%)、「ホワイトパール」(22%)、「ブラック」(17%)の順となっている。

日産はデイズの投入により、6月の軽自動車市場でシェアを前月比5.5%増の10.4%に向上。また、軽自動車を含むトータルシェアにおいても2か月連続で前月からシェアアップを果たし、6月単月では12.5%のシェアを獲得した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV