村上開明堂の第1四半期決算…国内バックミラー不振で減収減益

自動車 ビジネス 企業動向
村上開明堂・ターンランプ付ドアミラー(参考画像)
村上開明堂・ターンランプ付ドアミラー(参考画像) 全 1 枚 拡大写真
村上開明堂は8月9日、2013年4-6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高145億3200万円(前年同期比-8.2%)、営業利益は11億2100万円(-4.0%)、経常利益は12億7100万円(-3.0%)、四半期純利益は7億9100万円(-46.4%)だった。

国内における自動車用バックミラー販売の減少が影響し、減収減益となった。なお、前第1四半期は、タイ洪水被害に関わる受取保険金6億7200万円を特別利益として計上したため、今第1四半期の純利益は大幅減となった。

通期業績見通しについては、前回予想を据え置いた。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヒーテッドウォッシャー使用イメージ(使用前/左)
  • アウターにミラーを置かない「ミラーレスシステム」
  • 電子ミラーシステム
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ