トヨタ ハリアー次期型、仕様とグレードはどうなる?

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ ハリアー 次期型
トヨタ ハリアー 次期型 全 2 枚 拡大写真
11月13日の発表が濃厚とされる新型のトヨタ『ハリアー』は、米国で発表済みの新型『RAV4』をベースにしているとされる。しかし、公開されているスタイリングを見る限り、ドアのプレスラインやDピラーも専用設計。気になるその仕様について独自取材した情報に基づきまとめてみた。

ラインナップは、ベースグレードを含めた3つのグレードを2リットルガソリン車とハイブリッド車の双方に用意。ベースグレードはアルミを装備しないものの、LEDのヘッドランプ+リアランプ+フロントフォグランプを標準で装備。S-VSCやサイドエアバッグなどの安全装備も含まれる。二番目のグレードには17インチアルミや運転席パワーシートが標準装備され、最上位グレードは18インチアルミのほか、新機能「レーン デパーチャー アラート」など充実した装備が搭載される。

この「レーン デパーチャー アラート」は、道路上のラインをカメラで判断して車線逸脱を警告する機能で、レクサス『IS』にも搭載されたものだ。

また、最上位グレードではプレミアムパッケージ仕様が選択でき、JBL+11スピーカーのオーディオを備えたMOPナビの他、「おくだけ充電」、ミリ波レーダーによるプリクラッシュセーフティシステムも装着される。「おくだけ充電」は、デンソーがプリウス用として販売しているものをベースにしていると推測される。

内装はハリアーらしい高級で上質な雰囲気が提供される。インパネからコンソールまでをステッチ入りのソフトパッドで包み、ピアノブラック調のパネルやシルバーフレームが随所に施す。乗り心地も振動軽減ショックを採用して路面からの振動を極限まで低減。吸音材の増強や吸気系の最適化によって2代目ハリアーを上回る快適性を実現している。

また、2代目ハリアーはナビゲーションが専用設計となっていたが、DOPナビが載せられるようオーディオレス仕様が標準化される。組み合わせ可能なDOPナビにはハリアー専用9型モニターモデルも用意されるという。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ニュルスペック CE VS / ハリアー ハイブリッド
  • 次期型EPS-MCU「DDA2」
  • トヨタ ハリアー ハイブリッドZ
  • 新型トヨタ・ハリアーにおすすめするスタイリッシュホイール最速レビュー
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ