ニュージーランド・オークランド近郊路線電化用の電車が登場

鉄道 企業動向
ニュージーランド・オークランド近郊鉄道電化用の電車。スペインCAF製で、2015年後半までに全57編成が電化工事の完成した路線から順次投入される予定
ニュージーランド・オークランド近郊鉄道電化用の電車。スペインCAF製で、2015年後半までに全57編成が電化工事の完成した路線から順次投入される予定 全 2 枚 拡大写真
ニュージーランド最大の都市オークランドで9月13日、同市近郊の鉄道電化に向けて製造された新型電車が初公開された。来年以降、電化の進展に合わせて順次営業運転を開始する予定。

オークランドの近郊路線網は、同国の鉄道網を保有する国営企業キウィ・レイルの路線上を、オークランド交通局から受託した仏資本のトランスデヴ・オークランドが運行している。線路の幅は日本と同じ1067mmで、ディーゼルカーとディーゼル機関車牽引列車によって運行されているが、交流2万5000Vでの電化工事が進められている。

電車はスペインの車両メーカーCAF社製で、両側の先頭車がモーター付き、中間が付随車の3両編成。編成での全長は約72m、定員375人で、編成当たりのキャパシティは現在のディーゼルカーよりも40%アップする。2011年に57編成を発注しており、今回公開された最初の車両は今年8月に搬入された。

10月からは運転士の訓練が開始され、来年以降電化が完成した路線から順次運行を開始する予定。2015年後半には全編成が営業運転に投入される見込みだ。

《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 瀬戸内海の「青」と海岸線から見える波の「白」をイメージしたツートンカラーとなる「etSETOra」の外観イメージ。エトセトラの「エト」を読み替えた「えっと」が広島弁で「たくさんの」「多くの」を意味することから、列車名は「『えっと』瀬戸の魅力を感じてほしい」という意味も込められているという。
  • 裏面が30分の1程度の地図となった「北の大地の入場券」。左は根室本線釧路駅、右は釧網本線釧路湿原駅のイメージ。
  • 高山本線飛騨一ノ宮~高山間の被災現場。
  • リニア静岡工区椹島ヤードにおける工事状況と準備再開内容。
  • パンダくろしお「サステナブル Smileトレイン」のデザイン。車両をつなぐリボンは「世界をつなぐパートナーシップであり、また世代をつなぐバトン」を表現したもの。
  • SL「やまぐち」号は所定ではD51 200が牽引するが、8月1日からの運転ではC57 1(手前)を充当する予定。
  • 5両すべてが浸水した車両。
  • 飛騨川沿いの高山本線を走る特急『(ワイドビュー)ひだ』。7月8日は始発から運休している。

ピックアップ