大阪市交通局、緑木検車場で「市営交通フェスティバル」11月開催…3062号が復活走行

鉄道 行政
11月10日に開催される「おおさか市営交通フェスティバル」のパンフレット
11月10日に開催される「おおさか市営交通フェスティバル」のパンフレット 全 2 枚 拡大写真
大阪市交通局は11月10日、緑木検車場(住之江区)で「おおさか市営交通フェスティバル」を開催する。元四つ橋線の30系保存車3062号車が自力で復活走行するほか、床下点検用のピット見学など各種イベントを行う。

3062号車の走行は今回が初めてで、9時50分から展示場所まで自力で走行させる。その他にも今回初のイベントとして、車両の床下を点検するピットに入れる「ピット探検隊」(小学生以下対象)、電車との綱引き(小学生対象)も行われる。

ほかに、車体吊り上げ作業や台車の組立・分解作業実演などを行う検車場見学、ポイントの切り替え体験やレール削正車の作業実演、乗車したままでの車体洗浄体験など数多くのイベントが行われる。

時間は9時30分から16時までで、入場は無料。会場へは地下鉄四つ橋線北加賀屋駅から徒歩8分、住之江公園駅からは徒歩15分。住之江公園駅と会場の間には無料臨時バスが7~10分間隔で運行される。

《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV