三菱 ランサー エボリューション、米国でリコール…トランスミッションに不具合

自動車 テクノロジー 安全
三菱 ランサー エボリューション米国仕様
三菱 ランサー エボリューション米国仕様 全 2 枚 拡大写真
三菱自動車のスポーツモデル、『ランサー エボリューション』。同車が米国において、リコール(回収・無償修理)を行うことが分かった。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカから、ランサー エボリューションに関するリコールの届け出を受けたと発表している。

今回のリコールは、トランスミッションの不具合が原因。NHTSAによると、ランサー エボリューションの5速MTのクラッチマスターシリンダーに製造上の不具合があるため、ギアが入らなくなったり、抜けなくなる恐れがあり、事故のリスクが高まるという。

リコールの対象となるのは、2008-2013年モデルのランサー エボリューションの一部。2007年12月から、2013年3月にかけて生産され、米国で販売された1万0474台が該当する。

三菱モータースノースアメリカでは、対象車の顧客に連絡。対策部品が用意でき次第、クラッチマスターシリンダーを交換するリコール作業に着手する予定としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱パジェロ(1982年)のサスペンションションシート
  • タカタ製エアバッグ(ホンダ車) (c) Getty Images
  • 三菱 ランサー エボリューションのカスタマイズカー
  • ランサーエボリューション 次期型 予想CG
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE

ピックアップ