出光興産、インド工場が本格稼働、自社工場製造潤滑油を日系二輪・四輪車ディーラーへの供給を開始

自動車 ビジネス 企業動向
工場事務所外観
工場事務所外観 全 2 枚 拡大写真
出光興産は、インド子会社の出光ルブインドで潤滑油工場が完成し、10月30日から日系二輪・四輪車ディーラーへ純正油の販売を開始したと発表した。

インド国内での潤滑油需要は、モータリゼーションに伴う日系二輪・四輪車メーカーの進出によって増加しており、中国・米国に次いで世界3位となっている。

インドは、2021年度に、二輪車2300万台、四輪車1100万台にまで生産台数が増加することが予測され、インドの潤滑油需要も現在の1.5倍以上に拡大する見込み。

今後、特に需要の増加が見込まれる二輪・四輪車用エンジンオイルの製造と高機能潤滑油供給に対応するため、これまで純正油技術供与契約で製造していた製品を、新設したインドの日系潤滑油ブレンド工場で製造し、日系二輪・四輪車ディーラー向けに純正油を供給する。

同社では、自社工場建設による自社製品の製造から物流・販売までの独自のネットワークを構築したことで、きめ細かいサービスを提供する。これを機に、インド国内での潤滑油販売を強化し、2018年には販売数量を年間7万キロリットル、売上高110億ルピー(約200億円)を目指す。

《レスポンス編集部》

ピックアップ