【デトロイトモーターショー14】ヒュンダイ、ジェネシス セダン 新型をワールドプレミア…2世代目に進化

自動車 ニューモデル 新型車
新型ヒュンダイ ジェネシス セダン
新型ヒュンダイ ジェネシス セダン 全 10 枚 拡大写真
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は1月13日、米国で開幕したデトロイトモーターショー14において、新型『ジェネシス セダン』をワールドプレミアした。

ジェネシスセダンは2008年1月、ヒュンダイ初のプレミアム後輪駆動セダンとして登場。米国市場では、BMW『5シリーズ』、メルセデスベンツ『Eクラス』、アウディ『A6』、レクサス『GS』やなどと競合。過去6年間の世界累計販売台数は、約25万台に到達している。

今回発表された新型は、2世代目モデル。開発テーマは、「世界に通じるプレミアム後輪駆動セダン」。プレミアムかつ個性的なデザイン、新開発の後輪駆動車台によるクラス最水準のハンドリング性能、高い安全性能などが重視された。

新型ジェネシスセダンのデザインは、ヒュンダイのデザイン言語、「Fluidic Sculpture(流れるような彫刻)」を、さらに発展。フロントにシングルフレームグリルが与えられたのが特徴で、ボディ全体のラインも先代よりも、いっそう流麗になった。ボディサイズは全長4990×全幅1890×全高1480mm、ホイールベース3010mm。ヒュンダイはこのデザインを「Fluidic Sculpture2.0」と命名。

ホイールベースは、先代に対して75mm延長。その効果で、室内はとくに後席のゆとりが増した。ヒュンダイによると、クラスで最も広い室内空間を実現しているという。

米国仕様の搭載エンジンは、ガソリン2種類。直噴3.8リットルV型6気筒「ラムダ」は、最大出力311ps/6000rpm、最大トルク40.5kgm/5000rpmを発生。5.0リットルV型8気筒は、最大出力420ps/6000rpm、最大トルク53kgm/5000rpmを引き出す。ヒュンダイのV8エンジンとしては、最もパワフルだという。トランスミッションは、両ユニットともに8速AT。

新型ジェネシスには、初の4WD、「HTRAC」を設定。HTRACでは、路面や走行状況に応じて、前後アクスルの間で駆動トルクを最適に配分。滑りやすい路面やコーナーでの走行安定性を高めた。この他、自動緊急ブレーキ、ヘッドアップディスプレイ、ブラインドスポットディテクション、レーンキープアシストなど、先進の安全システムが用意されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ