【F1】エンジニアのロブ・スメドレー、ウィリアムズ移籍でマッサに再合流

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ロブ・スメドレーとフェリペ・マッサ
ロブ・スメドレーとフェリペ・マッサ 全 2 枚 拡大写真
フェリペ・マッサの長期に渡るフェラーリのレースエンジニアであったロブ・スメドレーが、ウィリアムズにおいてマッサと再合流することとなった。

マッサとのレース中のラジオでの会話で世界中のファンに親しみをもたれているこの英国人は、新しく創設された役割である車両パフォーマンスの主任として、4月に行われるバーレーンのレース前よりチームに合流する。

ウィリアムズのチーフ・テクニカルオフィサーであるパット・シモンズは、「私のキャリアにおいて、2014年はテクニカル・レギュレーションにおける最大の変化を迎えているが、さらなるタレントの強化は重要と考えている。ウィリアムズは優れたエンジニアリングに自身を持っており、今回の発表はチームに成功を取り戻すための通過点だ」と語った。

《河村兵衛》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ