2月のホンダのインド販売、123%の大幅増…新型 シティ が好調

自動車 ビジネス 海外マーケット
新型ホンダ シティ
新型ホンダ シティ 全 3 枚 拡大写真
ホンダのインド現地法人、ホンダシェルカーズインディアリミテッドは、2月のインド新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は、1月の1万5714台に次ぐ、1万4543台。前年同月の6510台に対して、123%の大幅増となった。

1万4543台の内訳では、モデルチェンジを受けたばかりの新型『シティ』が7184台と牽引役を果たす。新型コンパクトカーの『アメイズ』も、6030台を売り上げた。『ブリオ』が1235台、『CR-V』が65台で続く。

また、2月のインドからの輸出実績は、252台だった。

ホンダの2013年度(2013年4月から2014年3月)のインド新車販売は、2月末時点で11万5913台。前年同期比は82.7%増と伸びた。ホンダの2012年度のインド新車販売は、5万6929台。

「新型シティに対する大きな需要は、喜ばしい限り。ガソリン仕様の新型シティの納車も、2月に開始した」と述べるのは、ホンダシェルカーズインディアリミテッドのJnaneswar Sen営業&マーケティング担当副社長。「2月の物品税の引き下げを受けて、顧客にさらに魅力的な価格を提示できた」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV