パナソニック、2013年国際特許出願数3年ぶりに首位…自動車メーカーではトヨタが首位

自動車 ビジネス 企業動向
2013年の国際特許出願の傾向
2013年の国際特許出願の傾向 全 3 枚 拡大写真
国際特許出願を受けつける世界知的所有権機構(WIPO)は13日、2013年度の特許協力条約(PCT)を使った国際特許出願数の速報値を発表した。

それによると国際特許出願数の世界1位は日本のパナソニックの2881件で、2309件の中国通信大手:中興通訊(ZTE)を抜いて3年ぶりに首位に返り咲いた。3位は中国の華為技術(ファーウェイ)で2094件、その他では日本のシャープが6位、トヨタが8位に入った。

自動車メーカー別では、日本とドイツが強くトヨタが1696件で1位、2位は日産の644件、3位はホンダの364件、4位にドイツのダイムラーAGの237件、5位にアウディの231件が続いている。

自動車分野全体では、13社の自動車メーカーの出願数が2013年には4275件に達し、2010年の2322件と比較して急激な伸びを見せている。WIPOでは自動車分野の急速な技術開発投資の増加を反映したものと説明している。

《山内 博》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  2. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  3. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  4. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  5. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  6. スバル アウトバック 新型、安全性能テストで最高評価獲得…ユーロNCAP
  7. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  8. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  9. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  10. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
ランキングをもっと見る