英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

自動車 ビジネス 企業動向
マクラーレンMP4-12C
マクラーレンMP4-12C 全 3 枚 拡大写真
英国マクラーレンオートモーティブのスーパーカー、『MP4-12C』。同車が生産を終えることが分かった。

これは4月4日、マクラーレンオートモーティブが明らかにしたもの。同社は「MP4-12Cの生産を、終了することを決定した」と発表している。

MP4-12Cは、2011年に生産を開始。マクラーレンオートモーティブが1991年に発表したマクラーレン『F1』以来、F1参戦のノウハウを生かして、久々に開発したロードゴーイングスポーツカーがMP4-12C。

生産開始から、わずか3年で、MP4-12Cの生産を終える理由は何か。それは2014年3月、ジュネーブモーターショー14で初公開されたマクラーレン『650S』の存在が大きい。

もともと650Sは、MP4-12Cとフラッグシップスーパーカー、『P1』の間を埋める車種として企画。現時点で650Sは、納車まで半年待ちの人気となっている。そこでマクラーレンオートモーティブは、英国工場の全生産能力を650Sに振り向けるため、MP4-12Cの生産終了を決定した。

マクラーレン650Sは、MP4-12Cをベースに開発。この650Sが事実上、MP4-12Cの後継車に位置付けられることになる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジープ レネゲード4xe
  • 東洋紡(名古屋オートモーティブワールド2020)
  • 沖エンジニアリング(名古屋オートモーティブワールド2020)
  • GMC ハマー EV
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV