シーサイドライン2000形、1編成だけ特別塗装に

鉄道 企業動向
5月9日から運行を開始する特別塗装の2000形。夜空の黒と朝焼けの赤でデザインされている。
5月9日から運行を開始する特別塗装の2000形。夜空の黒と朝焼けの赤でデザインされている。 全 2 枚 拡大写真
金沢シーサイドラインを運営する横浜シーサイドラインは4月7日、新たな配色デザインを施した2000形車両が5月にデビューすると発表した。

2000形は2011年から導入された、横浜シーサイドラインの新型車両。車体デザインは「シーサイドラインの沿線環境にある海をイメージした、7色のカラーを用いた幾何学模様」(横浜シーサイドライン)を採用している。

5月9日からは、1編成だけデザインを変えた特別塗装の車両が運行を開始する。デザインのコンセプトは「夜明け前の夜空に一際明るく輝く星(シーサイドライン)」。夜空を表す黒をベースとし、朝焼けをイメージした赤のラインを加えた。ドアの横には「Seaside Line」のロゴと「大きく光り輝く閃光」をデザインしている。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2011年から駅改良工事や品川~田町間新駅(高輪ゲートウェイ駅)設置に向けた工事が進められている品川駅。写真は2013年の様子。
  • 月崎駅に入る小湊鐵道の下り列車。同駅から上総大久保駅にかけては、送電線や通信線が断線しているという。
  • 2019年度に登場する9500系の外観イメージ。
  • 東京駅「グランスタクリスマスフェア」ケーキ
  • AN8900形8905号を改修する新しい観光列車の車体イメージ。
  • 高崎車両センターに配置されている旧型客車の1両・スハフ32 2357。7両のうち、唯一の戦前生まれ。
  • CBTCが導入される都営大江戸線用の12-600形電車。
  • 千葉県内のJR線では唯一、運行見合せが続いている久留里線。写真は上総亀山駅。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2014/04/09/220870.html/article/2014/04/09/220869.html/article/2014/04/09/220871.html