JR東日本など参画のバンコク鉄道新線、2015年末に試運転開始へ

鉄道 企業動向
バンコクの鉄道パープルライン、2015年末に試運転か 車両・システムはJR東など
バンコクの鉄道パープルライン、2015年末に試運転か 車両・システムはJR東など 全 2 枚 拡大写真
【タイ】タイ電車公社(MRTA)によると、バンコク北部バンスーと北西郊外のバンヤイを結ぶ都市鉄道パープルライン(全長約23キロ)は2015年末に試運転を開始し、2016年半ばに営業運転を開始する見通しだ。

 バンコク首都圏で大きな被害が出た2011年の洪水の影響で、開業が2017年前半にずれ込むとみられたが、建設が順調に進んだ。タイの大規模インフラ整備計画が予定通り進むのはまれ。

 パープルラインはタイの大手建設会社チョーガンチャンが建設し、チョーガンチャンのグループ会社でバンコクの地下鉄を運営するバンコクメトロ(BMCL)が運営する。

 車両、信号・運行監視設備、変電設備、通信設備など鉄道システムの納入と軌道、駅設備などのメンテナンスは東芝、丸紅、JR東日本が行う。

バンコクの鉄道パープルライン、2015年末に試運転か 車両・システムはJR東など

《newsclip》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • GWまでの運休が決まった東武の『SL大樹』。
  • 現在、大分側の折り返し駅となっている阿蘇駅。
  • 排気扇で車内の空気を排出している『成田エクスプレス』用のE259系。
  • 緊急事態宣言発出が近くなった頃の東京駅東海道新幹線南のりかえ口(2020年4月5日17時ごろ)
  • 緊急事態宣言発出翌朝の品川駅。マスク姿の人々が通常どおり勤務先へ。
  • 東北・北海道新幹線『はやぶさ』10号車の「グランクラス」。5月まで新規の発売が見合せとなる。
  • 山口線の『SL「やまぐち」号』と同様に運行開始が見通せなくなった『SL北びわこ号』。
  • 釧網本線北部の北浜付近を走るキハ54.2015年3月。

ピックアップ