アストンマーティン ヴァンキッシュ、2015年型に進化…576ps、V12の咆哮[動画]

自動車 ニューモデル 新型車
アストンマーティン ヴァンキッシュの2015年型
アストンマーティン ヴァンキッシュの2015年型 全 1 枚 拡大写真
英国の高級スポーツカーメーカー、アストンマーティンが8月6日に欧州で発表した『ヴァンキッシュ』の2015年モデル。同車の公式映像が、ネット上で公開されている。

ヴァンキッシュは2012年6月、『DBS』の後継車として発表。今回、デビューから2年を経て、初の本格改良を受けた2015年モデルがリリースされた。

2015年型では、自然吸気6.0リットルV型12気筒ガソリンエンジンの排気系の抵抗を低減。これにより、最大出力は573psから576psへ、3ps向上。最大トルクも63.2kgmから64.2kgmへ、1kgm引き上げられた。ボッシュ製の最新エンジンマネージメントシステムも導入する。

さらに、トランスミッションには、ZFと共同開発した「タッチトロニック3」を新採用。この8速ATは、従来の6速AT比で、小型化と3%の軽量化を達成。シフトチェンジの時間短縮も図られた。

エンジンのパワーアップと8速ATにより、2015年モデルのヴァンキッシュは、動力性能を向上。0-96km/h加速は4.1秒から3.6秒へ、0.5秒短縮。最高速は295km/hから322km/h以上へと、引き上げられている。

ヴァンキッシュの2015年モデルの優れたパフォーマンスは、動画共有サイト経由で見ることができる。


《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク 市販型スクープ写真 
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ スクープ写真
  • アストンマーティンラゴンダリミテッド車両エンジニアリングチーフエンジニアのマット・ベッカー氏(右)とインテリアデザイン担当のマット・ヒル氏(左)
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV