【スズキ ワゴンR 改良新型】スティングレーは“コワモテ”感アップ[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車
スズキ ワゴンR スティングレー 新型
スズキ ワゴンR スティングレー 新型 全 40 枚 拡大写真
スズキは8月25日、新型となる『ワゴンR』、『ワゴンRスティングレー』の販売を開始した。

新型ワゴンRスティングレーでは、従来モデルから大きな変更はないものの、各部をブラッシュアップすることで、先進性と押し出し感をよりいっそう高めているのが特徴だ。

まずはエクステリアから。従来モデルよりも大胆な造形のバンパーとロアグリルを採用することで押し出し感をアップ。グリルにはメッキを施しインテーク形状を追加。バックドアには下部にメッキガーニッシュも採用された。「T」グレードにはフロントバンパーにLEDイルミネーションランプも採用されている。

「S-エネチャージ」を搭載する「X」グレードには、ヘッドランプとリアコンビネーションランプににブルー加飾を採用。スモールランプに連動するブルーのLEDイルミネーションランプも装着された。

インテリアは、ブラックの内装を基調に各部にシルバーのアクセントを施し、シックで都会的な印象を与えるほか、シート表皮も変更された。

価格は、ワゴンRが107万8920円から149万3640円。ワゴンRスティングレーが146万1240円から171万6120円となっている。

《橋本 隆志》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV