【リコール】スズキ スイフト など、ウォータポンプ不具合でエンジン停止のおそれ

自動車 ビジネス 企業動向
改善箇所
改善箇所 全 1 枚 拡大写真
スズキは8月28日、『スイフト』などのウォータポンプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、スズキ『スイフト』、『ソリオ』、『スプラッシュ』、三菱『デリカD:2』の4車種で、2013年6月28日~2014年4月23日に製造された計1万8784台。

ウォータポンプとウォータポンププーリを締結するボルトの締結力が不足しているため、当該ボルトが緩み、異音が発生するものがある。そのため、そのまま使用を続けると、当該ボルトが脱落して補機ベルトが外れ、発電不良及び冷却不良により警告灯が点灯し、最悪の場合、エンジンが停止して再始動できなくなるおそれがある。

全車両、ウォータポンププーリ締結ボルトの締付けトルクを点検し、緩みのあるものは、ウォータポンプとウォータポンププーリを新品に交換するとともに、締結ボルトを対策品に交換し、改善した規定トルクにて締付ける。緩みのないものは、締結ボルトを対策品に交換し、改善した規定トルクにて締付ける。

不具合は63件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ シビック タイプR 新型のデザインはこれで決定!? トリプルエキゾーストの迫力
  2. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】華美な豪華さはないけれど…竹岡圭
  3. スバル『WRXスポーツワゴン』登場へ、正体は2.4ターボ搭載のレヴォーグ 2022年豪州発売
  4. トヨタ純正ディスプレイオーディオの交換って、可能?[サウンドユニット セッティング法]
  5. トヨタ ハイランダー、RAV4 の兄貴分に2022年型…ハイブリッド専用の新グレード登場
  6. マツダ CX-5 改良モデルを、発表前にチェックできる特別内見会 全国3か所で
  7. コロナ禍で「納期の遅れ」顕著に…新車の乗り換え時に注意すべきことは?
  8. これはいいニコイチ:ジムキャリィとジムリィ…アソモビ2021
  9. VW ゴルフ のセダン版『ジェッタ』、新エンジン搭載…高速燃費が向上[写真19点]
  10. パナソニック、カーナビステーション『ストラーダ』を一新…より高精細に、より高性能に
ランキングをもっと見る