山火事を早期発見できる無人機、NASA試験飛行へ

宇宙 企業動向
NASAラングリー研究センター、山火事を早期発見できる無人機の試験飛行へ
NASAラングリー研究センター、山火事を早期発見できる無人機の試験飛行へ 全 4 枚 拡大写真
米航空宇宙局(NASA)のラングリー研究センター(バージニア州)は10月7日、内務省魚類野生生物局(FWS)と1年契約を締結し、低木の山火事・森林火災の早期発見を可能にする小型無人機の試験飛行を実施すると発表した。

ラングリー研究センターが開発を進めているのは、グレート・ディズマル・スワンプ国立野生生物保護区(バージニア州とノースカロライナ州の州境一帯)で森林火災が発生した場合に早期発見できる無人機で、高温地帯を探知する赤外線カメラなどを搭載する。重量は6.8kg、翼の長さは1.83m。

FWSは3年前に大火災が発生した同保護区監視費用の大幅な削減、火災発生から発見までの時間短縮を目指している。火災の引き金となり得る雷雨直後の潜在的危険を孕んでいる地域の監視により、鎮火活動によって生じ得る数百万ドル規模の費用削減、保護区内で迷った人の位置特定が期待できる。

《日下部みずき》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • NASAの技術をベースに日産が開発した「SAM」(シームレス・オートノマス・モビリティ)
  • ウーバーの空飛ぶタクシーのイメージ
  • NASAの火星探査車コンセプト
  • 日産リーフベースの自動運転車
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ