NSK、中国の鉄道見本市に参加…軸受を展示

鉄道 企業動向
NSKは中国・北京で開かれる鉄道見本市「MODERN RAILWAYS 2014」に参加する。写真はNSKが出展する軸受。
NSKは中国・北京で開かれる鉄道見本市「MODERN RAILWAYS 2014」に参加する。写真はNSKが出展する軸受。 全 2 枚 拡大写真
日本精工(NSK)は10月22日、中国の首都・北京で開催される鉄道見本市「第12回中国国際現代鉄道展覧会(MODERN RAILWAYS 2014)」に鉄道車両用の軸受を出展すると発表した。開催期間は10月28日から31日まで。

NSKは1931年、旧国鉄ガソリン車の車軸用として円すいころ軸受を日本で初めて開発。現在は「長年にわたる日本での実績」を活かし、高速車両をはじめとする中国の鉄道車両向けに車軸軸受や駆動装置用軸受、主電動機用軸受などを供給しているという。

同社は「路線拡大が進められる中国鉄道市場において(中略)高い技術開発力や安定した製品品質などの総合力で、今後も中国の鉄道の高速化と高信頼性に貢献してまいります」としている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 瀬戸内海の「青」と海岸線から見える波の「白」をイメージしたツートンカラーとなる「etSETOra」の外観イメージ。エトセトラの「エト」を読み替えた「えっと」が広島弁で「たくさんの」「多くの」を意味することから、列車名は「『えっと』瀬戸の魅力を感じてほしい」という意味も込められているという。
  • 裏面が30分の1程度の地図となった「北の大地の入場券」。左は根室本線釧路駅、右は釧網本線釧路湿原駅のイメージ。
  • 高山本線飛騨一ノ宮~高山間の被災現場。
  • リニア静岡工区椹島ヤードにおける工事状況と準備再開内容。
  • パンダくろしお「サステナブル Smileトレイン」のデザイン。車両をつなぐリボンは「世界をつなぐパートナーシップであり、また世代をつなぐバトン」を表現したもの。
  • SL「やまぐち」号は所定ではD51 200が牽引するが、8月1日からの運転ではC57 1(手前)を充当する予定。
  • 5両すべてが浸水した車両。
  • 飛騨川沿いの高山本線を走る特急『(ワイドビュー)ひだ』。7月8日は始発から運休している。

ピックアップ