【ロサンゼルスモーターショー14】BMW X5 と X6 新型に最強の「M」…4.4リットルV8ツインターボは575hp

自動車 ニューモデル 新型車
新型 BMW X5M と X6M
新型 BMW X5M と X6M 全 10 枚 拡大写真
ドイツの高級車メーカー、BMWは10月30日、新型『X5M』と『X6M』の概要を明らかにした。実車は11月、米国で開催されるロサンゼルスモーターショー14で初公開される。

両社はBMWのSUV、新型『X5』と新型『X6』の頂点に位置。BMWの高性能車部門、BMW Mが、さらなるパフォーマンスを追求したモデル。X5とX6に、ガソリンエンジンの「M」が設定されるのは、先代に続いて2度目となる。

ハイライトは、さらに強化されたエンジン。直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボユニットは、各部のチューニングにより、最大出力575hp/6000-6500rpmを獲得。先代比で、4%引き上げられた。最大トルクは76.5kgm/2200-5000rpm。先代比で7.1kgm、率にして10%向上。BMWは、「BMWの歴代4WD車で、最もパワフルなユニット」と説明する。

トランスミッションは、先代の6速ATから、新開発の8速AT、「Mステップトロニック」に進化。「ドライブロジック」と呼ばれるデュアルクラッチトランスミッションのノウハウを応用し、素早い変速と燃費向上を追求した。

4WDシステムは、引き続き、「xドライブ」。ただし、新型では、「ダイナミック・パフォーマンス・コントロール」と命名されたドライビングダイナミクスシステムを採用。また、前後の駆動力配分は、走行条件や路面の状態に応じて、0対100から100対0の間で変化する。

強化されたエンジンと新開発トランスミッション、進化した4WDシステムを得た新型X5Mと新型X6Mは、0-100km/h加速4.2秒、最高速250km/h(リミッター作動)と、SUVとして異例のパフォーマンスを実現。それでいて、燃費とCO2排出量は、先代比でおよそ20%改善させた。もちろん、内外装には、M車に相応しい演出が施されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2014/10/30/236290.html/article/2014/10/30/236289.html/article/2014/10/31/236291.html