テイン2015年新商品…コストパフォーマンスを高めた『FLEX Z』

自動車 ニューモデル 新型車
テインが2015年1月より順次発売する新商品『FLEX Z』
テインが2015年1月より順次発売する新商品『FLEX Z』 全 3 枚 拡大写真
テインは、2015年1月より順次発売する新商品『FLEX Z』を発表。全てオーバーホール可能な分解式ショックアブソーバーを採用していた同社既存モデルと比べ、FLEX Zではショックアブソーバ部分を交換式としてコストパフォーマンスを高めた。

製品開発を担当する菅野一平氏は「いままで、当社従来品は全て分解可能としていましたが、FLEX Zでは密閉式ダンパーの採用と製造工程の見直しでコストダウンすることができました。性能に関しては既存モデルと遜色なく、車高を変えてもサスペンションストロークが変化しない全長式を求める方に向けて、コストパフォーマンスを高めた商品になると思います」と説明する。

オーバーホールすることができないFLEX Zのため、同社では新たに「リプレイスメントサービス」を用意。アウターパーツ(アッパーマウント、ロアブラケット、スプリング等)を除いたショックアブソーバ部分のみを購入、交換することで新品に再生できるサービスで、好みの減衰力やストローク量など特別なショックアブソーバの製作もするという。

FLEX Zの価格設定は、7万9800円から10万800円(税抜き)を目標とし、15万前後で並ぶ他ブランド競合品と比べ競争力をもたせた。

《》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • テイン、90スープラ用ダンパー交換キット(東京オートサロン2020)
  • 純正車高で乗り心地が大幅アップするサスペンション。TEIN『エンデュラ・プロ』登場
  • IAAE 2019:テインのH.B.S.
  • テインブース(東京オートサロン2019)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ